季節の中で 恋に落ちる

梶山朝日くんの応援屋。


Sponsored Link

テゴマスの青春*セトリと感想

f:id:storm0617yellow:20140819090604j:plain

横アリ、広島まとめての感想。コンサート全体を通して。主に手越。
会場ごとのMC、感想はまた別に。(たぶん)

メンステ、バクステのみ。バクステはキッスと月の友達だけ。シンプルなステージにほぼメンステで歌ってるかなり勝負な今回のツアー。
ふたりでたくさん考えてくれたのかな、なセトリはとてもとてもよかった。
ネタばれなしでむかえた横アリ初日、青いベンチの感動は忘れられないよ!



*本編*

1. ヒカリ
「何年たっても色褪せないような・・・」のセリフに乗せて映像が流れる。
てごちゃんはてごちゃんだけど、まっすーはほんとに甘いね!声ね!
ショートバージョン。幕は下りたまま。


2. 蒼色ジュブナイル
さーって幕が下がって明るくなって始まる感!
てごちゃんはなんか変なメガネかけて登場!
あれなになに?青春感?Tシャツは日によって白か赤か。
体のラインは細見なのに、さらっと着てるTシャツの袖から出てる腕がなかなかたくましいのが男前!だよ!
さわやかな青春ソングではじまるのきれい。くれーっしぇーん♪の響きがすき!


3. 音色
ようこそー♪にじいろのせかいへ♪なにもかも忘れてたのしもー♪
ここでようこそしてくれるテゴマス!
きみのこころの奥に響き渡るように、想いを声に、願いを音に、ずっとずっと奏でるから、ってそれほんとこのツアーじゃない!
歌い続けるよ10年先も、100年先も、ってこの曲にぜんぶぜんぶ想いがこもってるんじゃないかって思っちゃうよ。
り・ず・む!のせて!のスタッカート!


4. ひとりじゃない
横アリ初日に下手のお客さんあおってるてごちゃんに増田さんが寄ってって「ひとりじゃないー♪」ってふたりで歌ってるのすきだったのに!
2日目も広島でも見られず。


(挨拶)
だいたいてごちゃんは通常営業。てーごにゃんだよ☆
増田さんはイケメン担当。ごくろうさまです!
てごちゃんは後ろ向いてメガネとって水分補給。

5. いつかの街
6. ファンタジア
7. 魔法のメロディ
最後の映像がかわいくてかわいくて何回見てもにやにや。
ウインクとあの口角!むにゅ!
「今も心の奥で背中を押してくれるから」って歌詞でいつもてごちゃんが左手でぐううって背中を押してくれる!


8. 少年 ~Re:Story~
てごちゃんギター。たのしそうでなにより!

増田「お送りしたのはテゴマスで、少年~Re:Story~でした。(だいたいスウィートボイス)」
てごちゃんはまっすうがなんだかんだと好きなように喋ってるあいだ、汗ふいたり水分補給したりしてる。
このへんで好きなようにおしゃべりして。
手越「次の曲の準備をしながら話しましょうか」
増田「みなさんにも座ってもらってね」
ってもう少しはやく座らせてほしかったあ!立ちっぱなしもつかれる年になってまいりました。
学校の椅子と、高さの違うキャンドルが後ろにざーっと並べられる。

次の3曲はペンライトの明かりを消して、座ったまま聴いてもらいたい、ということで。
手越「せっかく来てくれたんだから、マイクを通さない生声で聴いてもらいたいと思います。」



9. 青いベンチ
キーボード、ギターのみでほぼアカペラの生歌。
切ない表情をつくって歌うてごちゃんと、「ああ、季節は~」のまっすーの歌い方。
両手をひざに抱え込んでぐうって伸びながら目をつぶって声を出すあの感じにとってもとっても心がぎゅうってなったよ。
ほんとにほぼアカペラだから、より一層テゴマスのハモり前のアイコンタクトにしあわせを感じる曲。


10. きれいごと
照明が落ちて、手越が真ん中のキャンドルに火をつける。
横に並べられたキャンドルの灯りがふわーっと両側に向かって付いていく・・・この演出!すてき!きれい!
最後にまっすーが立ち上がって、手越のつけた灯りをふって消して全部消える・・・って最後までちゃんとつながってて。これもまっすー演出かなあ。
最初から最後までいろいろいろいろ考えてるんだろうな、って思うと観てるほうも気が抜けない。
足を組んでさらっと歌ってるてごちゃん、ちょこっと座ってるまっすー。てごますだ!


11. タイムマシン
いろんなところでてごちゃんが、おれこの曲すっげーすき、って言ってた曲。
手越「あのときこうしていたら、こう言っていたら、記念日を祝ってあげられていたら、いまこうなっていないのにな、って後悔したこと、でも時間は戻せないから」
みたいなことを言っていて、広島2日間とも「記念日を・・・」って言ってて、手越さん記念日祝ってあげなくてなにかあったんですか!トラウマですか!って思っちゃったよw

「タイムマシンがあったら、ときを戻せたなら」から、「タイムマシンはないから、ときは戻せないから、子供じみた自分にさよならしよう」って歌ってて、やっぱりテゴマスは背中押してくれるソング!


~MC~
ペンライト演出の説明。
テゴマスがつけたらいちばんまえからばーっとうしろへペンライトをつけていく、最後のところまでついたらちょうど手越の歌い出し!が理想!
横アリは初日も2日目の1部もうまくいかず!(2日目は下手から上手に)
広島初日はぴったり!くらいだったかな。2日目はうまくいってたね。



12. サヨナラにさよなら
イントロが流れながらペンライトがばーーーってついていくのがとてもとてもきれい!
これちょうかわいいのが、てごちゃんもまっすーも歌ってないときファンと同じようにペンライト振ってノってるの!
「きみとぼーくーがー♪」で横にみんなでゆらゆらするのもてごちゃんまっすーがステージで誘導してくれて、みんなでそろってるペンライトがとってもきれい。
最後に絶対「みんなありがとう、きれいだったよ!」って言ってくれるてごちゃん。

この演出やろうーって考えたのもすてき。増田さんの演出ネタ帳にはたくさんたくさんネタがつまってるんだろうな!
美しい恋にするよのメイキングで言ってたもんね!いろいろやりたいことあるんだ、ネタがたまってるんだ、って。NEWSでもテゴマスでも全力でネタ放出お願いします!


13. シュプレヒコール
バックに映される歌詞がとてもいいかんじ。


14. innocence
手越のシャウトから始まるテゴマス超絶かっこいいソング!
なにこれなにこれ!コンサート終わってCD聴いたらぜんぜん物足りなかった!よ!
てごちゃんがマイクコードを体に巻きつけて上手でがんがん歌ってるのがかっこよかった。

途中「テゴマスバンドー!」ってはけてって衣装替え。
手越さんデニム生地っぽい、なにあれ、長いジージャン風衣装?にきらきらたくさんついてて、妹が「手越www衣装自重wwww」って言ってた。
でも細見のジーパン似合うから許す。
衣装替え直後の増田さんがいっけめーんでみんなの心を泥棒するよ!横アリ初日はかぶってなかったぽんぽん付きの帽子がかわいい。
とったりつけたり、髪の毛ぺったんこになるのいやなのかな。


15. 猫中毒
いったん照明落ちたら・・・猫耳つけたああああああああ!
じゃん!じゃじゃん!
で突然あったまる会場!あの盛り上がりとぐぐぐって上がる熱気すごいね!
いっしょにがしがし躍らせてもらいました!でもかわいすぎるから双眼鏡も覗きたいの!ついに目だけじゃなく体も足りない現象に!


16. 花に想いを
ありったけのおもいをこめた花束!
自転車乗りながら夏の日に聴きたいはっぴーそんぐ!


17. ミソスープ
お椀に乗って登場。下手てごちゃん、上手まっすー。
2年前にまほうで使ったお椀を使おうと思ったら、もうなにかほかのものになっていたらしく、今回のツアーのために新調。
アリーナを通ってバクステに行く短いあいだにスタンドもアリーナも見てひたすらファンサをするてごちゃんがきらきらしすぎてくらくら。


18. キッス~帰り道のラブソング~
バクステ。
I LOVE YOUの歌詞のところみんなに歌わせるのずるいよねー。
横アリ初日?かな?みんなが歌ってるところにてごちゃんがちいさくハモりで入ってくれて。
ファンのみんなが歌ってくれて、ハモったりとかすき、ってなにかで言ってた気がしたから、念願かなって(私の)うれしかったよー!
てごちゃんの「もう1回聴かせて」「もう1回歌って」の声がいつもいつもやさしくてすき!

「世界中を敵にしても君を守るよ」の歌詞でぐるうってまわってみんなだよー♪ってやるてごちゃんずるい!
テゴマスは踊りがない分、ふたりとも歌詞に歌と想いを全力でのっけてくれている気がして。


19. 色鮮やかな君が描く明日の絵
バクステから戻ってきて、ラストスパートだよ!ってまっすーが毎回言うんだけど、えええーってなる会場。
終わっちゃうのやだよね。やだよねー。

らららーらららーらららららららら♪らららーらららーららららららら♪らららーらららーらららららららららー♪
うしろの映像に会場をばあーっとうつしてくれて、とてもたのしげ!

「黒い魔法が」のところかな?
てごちゃんがくるくるふわって左手を顔の横でまわして魔法かけてるの!
愛言葉のときの魔法ほどおっきい魔法じゃないけど!


20. 夕焼けと恋と自転車
21. ハルメキ
楽しい曲なのに、もうすぐ終わっちゃう!さみしい!しかない!

(アンコール)

22. 月の友達
ウーちゃんに乗って登場。下手てごちゃん上手まっすー。
なんかかわいくてたのしそうな映像がメンステで流れてるのに、てごちゃんがかわいくて見えない!すごくざんねん!
「てっごます!」って言わせてくれてありがとう!!
ウーちゃんに乗っかってやっぱりできるかぎりファンサをしようとするてごちゃんがきらきら。


23. ヒカリ
今回は歌に集中したステージをつくったって言うてごちゃんが、「みんなの表情を見ながら、やってきたこと間違ってなかったんだなあ」とか「たのしく帰ってくれるかな、帰ってくれそうだなあ」とか、いろいろ言っていて。
うしろの夕焼け映像がきれいだから夕焼け空と海をしょって歌う2人を遠くから眺めてるしあわせを感じる!


ふたりが背中を向けて手をあげてはけると、幕がさーっと下がって「See You Next Live」。
終わり方がほんとうにさらっとしてて、ああ、さみしいなあ、たのしかったなあ、って思いながらちょっと遠回りして帰りたくなるコンサート終わり!
広島ばたばたでダッシュで駅に向かったけどねえ!


つぎはオーラス名古屋!

広告を非表示にする