読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節の中で 恋に落ちる

Travis Japan 梶山朝日くんの応援屋。


Sponsored Link

18歳。

梶山朝日 ひとりごと 誕生日・記念日

18歳。

・・・・・・・・18歳!?(笑)


というかむしろまだ17歳だったのか、ていうのと、なんかまだ15歳くらいのままな気さえして、という気持ちが入り混じって、とても不思議な気分。
私の気持ちはびっくりするくらいまだ降りたての頃のままで、だからそんなことを思うのかもしれなくて。


降りたての頃の気持ちを引きずり続けてる自分がちょっと面白い。でも最近思うのは、降りたての頃の気持ちを引きずっているというより、ずっと降り続けてるんじゃないかということ。進化していく自担に(笑)。脳みそハッピーすぎるかな!
でもほんとうにそれくらい、毎回毎回、新鮮な気持ちですきを更新してくれる自担。
どのステージでも、身体中からたのしい!って聞こえてくるようなパフォーマンスを見せてくれて、ほんとうにファンでいる幸せを感じる。




17歳の1年は嵐コンで始まって、たきつバック、嵐のアリーナツアー中にクリエを挟んで、サマステ、最後にABC座。12月にはジャニーズオールスターアイランドが決まってる。次のお仕事が決まっているしあわせを、今年1年たくさん感じることができた!個人的にとてもうれしいなあと思うのは、6月の生放送からずっと少年倶楽部に呼ばれていること。トラジャのパフォーマンスが映像として残るしあわせと、たくさんの人に見てもらえるしあわせ!(ファン増えろ!)
高校3年間の中で、1番忙しくて充実した1年になったのかな、と思う。


18歳なんてあっという間で、きっとすぐハタチになるっていつか書いたけど、ほんとうにあっという間に18歳になった。ハタチもあっという間だろうな。
高校を卒業してしまうのがさみしくて、大人になってしまうのがこわくて、中学3年生に降り先探す~~~って駄々こねてたけど、そろそろやっと覚悟を決めました(笑)。ショタコンかよ。否めないけど。自担の25歳を最近はこっそり楽しみにしているんだけど、あと7年、、あと7年があっという間なのはさすがにこわいから(笑)、マイペースに応援しよう。これからどうなるかわかんないし。



比較する、ようなものじゃないとは思っているけど。
掛け持ちしていた頃は、みんなじわじわ、好きだなあ、という気持ちが募っていって、結局掛け持ちという枠におさまって。北海道から福岡までひたすら遠征して。全員100%以上の気持ちで大好きだったんだけど、「けど」という気持ちを、当時のもやっとした気持ちを、パフォーマンスだけでぜーんぶかっさらっていってくれた君には今でも感謝しかない。
あのとき双眼鏡が動かなくなった気持ちを、今でも鮮明に覚えてるし、未だにその気持ちのまま応援し続けてるよ。



梶山朝日くん、18歳おめでとう。

これからもまだまだ見ていきたいなと思わせてくれる、17歳の1年でした。
ステージで踊り続けている限り、いつもいつでもいつまでも、応援しようと思ってます。


18歳の朝日くんも、きらきら輝いていますように。飛躍の年であれ!

梶山朝日応援屋より。


広告を非表示にする