季節の中で 恋に落ちる

梶山朝日くんの応援屋。観劇記録。


Sponsored Link

2018年下半期の現場と近況

気がついたら新年度だ...!いやいつのまに4月...


忙殺されております...。。
とつぜんいろんなことが嫌になったのでブログを書いている...(笑)。近況はというと引越し先はいいところがすぐ見つかったし、この春から昇進してお給料も増えたし(たぶんこれがいちばんうれしい)、すの公演でのラウールくんは成長していてほんとーにかっこよかったし(最近のたのしみ)、定期的に酒飲みオタクたちとも会えてプライベートも充実しているし、全体的にはとても順風満帆でしあわせなんだけど....だけど...いろいろと一気にやってきたせいでただただ忙しいwはやくGWこないかなー、、と思っている今日この頃。あと3週間切ったよ!!!!生きる!!!

このエントリ実は嵐コン前後の年末に書いたまま出してなくて、年末仕様になっていたのでちょっと加筆修正してもう出します...いやほんと何か月経ってんだよ!!若干まだ書き足したいところもあるからいつかもしかしたら書き足すかもしれない...もしかしたら....(そうやって放置されているエントリがいくつもあるのを私は知っている)予定は未定。



★拍手のこと
ものすごくいまさらになってしまいましたが、お誕生日エントリにたくさんの拍手とコメントありがとうございました...!すてきなコメントを私がたくさんもらってしまって、全部まるごと朝日くんに送り付けたい!「みんなを笑顔にさせていて、どこかでひそかに誰かのアイドルとして元気に生活してますように。」というコメントがあって(とてもすきな言葉だったので勝手に引用させてもらいました、すみません)、朝日くんはどうしたってスーパーアイドルだと思うので、どこかで誰かのアイドルをしていたらいいなーと思いました。
キリがいいのでお誕生日をブログでお祝いするのはあれで最後にしようと思っているのですが、きっとブログのなかには登場しちゃうと思うのでそれは許してください。どうしても忘れられない!

全然更新もしてないこんなブログにたまに拍手をくれたりコメントまでくださる方がいて、ほんとうにうれしいです。最近トラジャにハマって9人時代のブログをあさってます、だったり、かじんちゅがすきです、だったり、昔のMC読んでます、だったり...記録しておいてよかったなーというのを何度でも思う!いつでもコメントください私がこっそりよろこびます...





以下、観劇の秋からの感想という名の雑記。本当はひとつひとつ記事をわけたいくらい全部よかったのだけど、怠惰な私が感想を溜めていたせいでもうほぼただの日記w今年はちゃんと残したい(言うだけはタダ)。


 

▼THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE Re-FEVER

ビールもワインも飲める現場さいこうかーーーー!今回は最初からお酒を入れていくという...(笑)。ブログがきっかけで知り合ったお友達がたまたま昼公演に入っていて、お昼がてらお酒を飲む私たちのところに来てくれましたー!うれしい!連番は屋良くんの現場にはいつもいっしょに行くこしおか担(なのか林担なのか最近はあやしい)と。
前回はステージ横のかぶりつき席か!くらいの場所で見たんだけど、今回は後ろの少し高くなっているところで。テーブルがあるからお酒が置けます(だいじ)。
ディスコティックはとにかく踊れるし楽しいし声出せるし、やっぱりいつ見ても屋良くんの踊りはかっこいいなーという気持ち。前田くんとリチャがめっちゃかわいい衣装で登場するから癒しでしかなかった。前回は駿ちゃんがいたので駿ちゃんを見てることが多かったけど、今回はわりと前田くんを見ていたかなー...ダンスがとてもすきです!!踊ってる前田くんとても楽しそうでよい!
屋良くんとお仕事できるJrは幸せだよーーーもっといろんなJrを率いてディスコティックみたいなステージを作ってほしいな、と思う私ですが、最近のJrはユニットメインでなかなか難しいのかな...。とりあえずふぉ~ゆ~もお酒の現場つくろ(なんのはなし)。


 

▼新感線☆RS『メタルマクベス』disc2

「メタルにはマクベスが良く似合う」という、いのうえひでのりの着想から生まれた『メタルマクベス』は、2006年に劇団☆新感線宮藤官九郎が初めてタッグを組み、初めて挑んだシェイクスピア作品であり、ロックバンドが劇中で生演奏する音楽に特化したスタイルで上演された。シェイクスピアの『マクベス』の世界観は変えずに、2206年の廃退した近未来と、空前のバンドブームに沸いた1980年代の日本を二重の構造に置き換えるという大胆なアレンジによって創り上げられた脚本は、近未来と過去を行き来しながら劇中をかき乱し、ゆるい台詞に油断している間に核心に引き込まれるという宮藤官九郎独特のうねりを、ハードロックとヘヴィメタルの楽曲で煽りまくり、怒涛のごとく突き進む物語は客席を圧倒し、前代未聞のシェイクスピア作品として大きな話題となった。
.
この『メタルマクベス』が、初演から12年の時を経て、激しいリズムに突き上げられて瓦礫の中から復活する。
宮藤自ら脚本を書き直し、キャストを変え、演出にアレンジを加えて、disc1、disc2、disc3と題して3作を連続上演。
.
IHIステージアラウンド東京で巻き起こる『メタルマクベス』旋風にご期待ください。

.
公演内容:メタルマクベス disc3|TBSテレビ:IHI STAGE AROUND TOKYO

クドカンということでいつもの宮近担とうきうき行ったんだけど、やーーーー笑った。公演時間約4時間、ぜったい長い!途中で飽きる!と思ってたんだけど、まったくそんなことなくてむしろ短く感じて、この内容でこのチケット代で大丈夫!?もっと払う!?となった公演終わりでした。
初のIHIステージアラウンド、客席がまわる。ぐるぐるまわる。場面転換だけかな?と思いきや、キャストがステージ脇を走っているのと同時に客席もまわってみたり、プロジェクションマッピング的なものといっしょにまわったりするからもうどこにいるかわからなくなったり、ほんとにアトラクション感がすごかった。
あとは原くんが...原くんがものすごくいい位置で...いい役をもらって演じていて、、私はなぜか原担の気持ちを考えて勝手にじーんとして涙ぐんでいたwwwもし自担があんな大舞台に立ってたら確実に泣く!!!!

以下Twitterの感想。

1幕の城のシーンのランディのキャラがすきすぎた😂2幕の櫻子ちゃんの狂気な演技は目が離せなかったし、戦いに向かう前のレスポールJrかっこよかった!もし自担があんなところでセンターに立って歌ったら感動しちゃう...ちょっと泣きそうになった...!カテコの原くんはずっとにこにこで平和だった☺️💖
23:00 - 2018年10月4日

初めて入ったステージアラウンド、ほんと新感覚な劇場だった!客席が円形で、ステージ前に客席に沿って天井まであるスクリーンがあるんだけど、そこいっぱいに映像が映し出されてそれに合わせて客席も動くからほんとにアトラクション。伝わるかわかんないけどかつてのミートザ・ワールドの豪華版(笑)
23:09 - 2018年10月4日

マクベスの話をすると、個人的にマクダフの妻と子供を皆殺しにするシーンはもう少し尺欲しかったなーと思ったのと、最後にマクベスに攻め入るところで森が動いているようだ、っていうところがすきだけどなかった(のか私があまりよくわかってなかったのか)のがちょっとさみしかった!
23:27 - 2018年10月4日

シェイクスピア作品を観ると、原作読み直しておくんだった🤔って毎回思う。去年ロズギルを観たときも思った(ロズギル自体はシェイクスピアじゃないけど)。そういえば冒頭で荒野の魔女たちがだれだれ訳の〜ってやってたやつ面白かったな。といか小ネタがありすぎて拾いきれなかった!!!
23:29 - 2018年10月4日

最初の処刑のシーン、裏切り者に死を、ってシェイクスピアだったかなーと思ったけどSHOCKかな...?裏切り者に死を、その胸に剣を⚔️SHOCKのシェイクスピア劇恋しい はやくSHOCK観たい
23:33 - 2018年10月4日

スクアッドのときも思ったけど原くんサイドアップにするとほんと美人
23:40 - 2018年10月4日


 

▼いまを生きる

1959年、アメリカ・バーモント州にある
全寮制の男子高校ウェルトン・アカデミーの新学期に、
英語教師ジョン・キーティングが赴任してくる。
厳格なノーラン校長の下、規則に縛られていた学生たちに、
同校のOBであるキーティングは「教科書など破り捨てろ!」と言い放ち、
詩のもつ素晴らしさを通じて、人生の素晴らしさを教えようとする。
.
Story | 舞台「いまを生きる」 <オフィシャルHP>

おおキャプテン!!!

今回は自分で取れたのでいつもの顕嵐担と連番。ひさしぶりに酒飲み大集合した日でもあったー!タイのお土産渡せたよかった(1人居酒屋でスタンバイしていた無所担がおもしろかったですね)。
新国立劇場中劇場、何度か行ったことあるけどあんなにステージが前に出ている形は初めて見た!あれはどの席からでもステージがかなり近く感じたのでは...と思った。うみちゃん初の外部舞台ですね!!!おめでとう!!!!!おばちゃんはうれしいよ!!しめちゃんは相変わらずイケボで、めっちゃしめちゃんのシーンがあっただけど、手を引くところだったかな。
1度しか観れていないから、感想を書くまでに落とし込めていないなーと思っているところ。いまを懸命に生きようとしているみやち演じるニール、に途中感情移入して苦しくなったりもした。トッドとニールの関係性もすきだったな。1人1人のキャラクターがわかりやすかった。あ、あと永田くんかわいかった。
思い返すと印象的なシーンがいくつもあるんだけど、トッドが詩を読むシーンとトッドとニールのマグカップのシーンすきだったなー。
死せる詩人の会、これからも定期的に開かれるといいな、と思うくらいほんとうの学校の先生と生徒みたいに信頼関係ができあがっているような様子が見えて(インタビューとかブログとかTwitterとかから)、よいカンパニー・・・!と思ったのでした。


 

▼TOP HAT

以下Twitterの感想。

坂本くんは背高くて脚も長くて歌もうまくてダンスも上手で恋に落ちてしまう〜!鉈切り丸ぶりのシアターオーブだった!
21:35 - 2018年11月7日

おひさしぶりの越岡担といろんな話をして今月の現場done!元仕事仲間なので仕事の愚痴も聞いてもらえてありがたや....。ヴェニスの白のドレスかわいかったな〜!下のファーに重みがあってターンするたびに揺れるのがきれいだった*・゜゚・*:.。..。.:*・
23:16 - 2018年11月7日

2幕のジェリーが桟橋で、って出てくときに「その前に」ってキスを落とすところがとてもすきだったし、1幕の終わりが劇中のミュージカルの1幕の終わりとシンクルするところもおしゃれだったし、多部ちゃんのダンスもきれいだし、笑えるところも多くてよかったなあ。屋良くんのアルベルトに1番笑った。
23:21 - 2018年11月7日

屋良くん演じるアルベルト、踊らないのかなあ、って思ったら2幕で歌って踊るところがあってよかった!やっぱり屋良くんの声を聞くとなんか安心する(笑)
23:22 - 2018年11月7日

もっともっと坂本くんのミュージカル観たい!on the townも好きだったからまたトニのミュージカルも観たいなあ!そしてそろそろ剛くんの舞台も恋しい。
23:23 - 2018年11月7日

 
・見学の話

寺西のSHOCKを思い出しながら、寺西もハット被ってタップしてても違和感はないよね、って幕間に話してたら後ろにいたのは笑った\(^o^)/
23:19 - 2018年11月7日

林くんは緑ニットにマスクしてて、寺西はオレンジパーカー(前の紐をリボン結びしてたw)、みやちは白のロンTに黒スキニーでした🙆✨2幕始まる前に談笑したあとにやや会釈してたみやちかわいかったよ〜!
21:28 - 2018年11月7日


 

▼ENTA! 4UZeppin de SHOW

いちごのっ(いちごのっ)ぱふぇにっ(ぱふぇにっ)はーとをっ(はーとをっ)のせたらっ(のせたらっ)じゆうのめがみー!(じゆうのめがみー!)


福田くんのJKがですね!!?かわいくてな!?!?JKなふぉ~ゆ~が最高だった。なにを言っているかわかんないと思うからENTAまたはやくやんないかなー。みんなで見に行きたい。
ちょっと笑いすぎてぜんぜん内容飛んでるけど、とにかくJAMがめっちゃかっこよかった!!!今年はもっとふぉ~ゆ~が踊るところを見たいよう(毎年言ってるな???)。
田中さんがこしおかくんの話をするときに「喫煙所でさ~」って言われてたの笑った。まあもうぼくも32ですし!!!なこしおかくんもめっちゃよかったw


 

▼ARASHI Anniversary Tour 5x20

これ感想書けぬまま嵐休止のおしらせがきてしまった...。
まとまらないから今の気持ちだけ...嵐は嵐としてずっとそこにいてほしかった、し、いてくれると勝手に思ってた。1年に1度ぜったいある嵐コン、なんだかんだ毎年行っていたからこれがなくなるのはさみしい。
潤くんの頭の中にあるものを全力で披露してくれる嵐コンがだいすきだよーーー!!!!!




最近はジャニの現場に行きつつひさしぶりに2次元をさまよってみたりもしている、というかしていた。ほんとーに直近は忙しくてなにもできていない...かなしい。私の近況なんてまあどうでもいいんだけど、あとから自分も読み返すので記録として。これまでだいたい日比谷か六本木にこもっていたのに、旅行をしたり(まあ旅行は遠征でもしていたんだけど)本を読んだり漫画を読んだり料理をしたり断捨離をしたりアニメを見たりゲームをしたり、とてもプライベートが充実してる、気がする。兼オタの友達がいろいろと布教してくれてありがたい。たのしそうなものにはとりあえず食いついてみるというモットーで生きているのでいろんなものに手を出している。そしてこのタイミングで(と言っても手に入ったのは去年の11月なんだけど)、前からほしいなーってふわっと思っていたニンテンドースイッチたなぼた的に手に入ったので去年はずっとハイラル平原を旅していた。12月にふっこう割で行けた北海道旅行もたのしかった!おいしいものをたくさん食べました(ただとても寒かった)。


ずーっと昔からオタク気質でなにに対しても深くハマるのに飽きっぽいせいであっちにもこっちにも趣味があって、インドアもアウトドアもしてたはずなんだけど、ここ数年の”趣味:梶山朝日”が過激すぎたなーと最近とても思う(笑)。過激な趣味をしばらく続けていたせいでほかの趣味を忘れていたけど、そういえば昔はいろいろしながら生きてきたんだった、と思い出した。ここ数年インプットもアウトプットもぜーんぶ朝日くんだった!それはそれでほんとーにたのしくてしあわせな日々だったし、そのおかげで出会えたひとがたくさんいた。もうそのひとたちなしでは生きていけないくらいふつーのともだち(オタ友、という括りではなく、の意)、というかもう○年来の嵐のともだちとかNEWSのともだちとかも降りてからも結局付き合ってくれているので、オタクしててよかったなーと思う。オタクしてないひとはなにして生きているんだろう!?(純粋な疑問)(いつも飲みの話題になる)自分のすきなことを全身全霊でたのしんでいるオタクの話はいつもほんとーに面白い。すきなことに向ける情熱はすてきだなーと思う。

いまは”すき”がいろんなところに分散されていてとてもたのしい、と同時に忙しい(笑)。デビュー組とJrの掛け持ちしてた頃のことを思い出す。そのうちもしかしたら1本に絞りたいくらい好きなものが出てくるかもしれないし、このままいろんなものをつまみ食いしていくのかもしれないし、どっちにしろ好きなものがあるのはいいことだと思う。生活が豊かになる気がする。



平成もあとわずかですねーーー!つぎの元号は令和!(と出てすぐにれいあーーーと例に漏れず思ったジャニオタ)